『教職教養らくらくマスター』&『教職教養よく出る過去問224』のご案内

 拙著『教職教養らくらくマスター』(2018年度版)が実務教育出版より刊行されました。教職教養は,校種を問わず全受験者に課されますが,この必須科目を楽しく且つ効率的に勉強していただきたい,という思いから認めた書籍です。

 分厚い参考書ではなく,試験に出るポイントを精選し,簡潔にまとめた要点整理集です。教職教養の広範な内容を「らくらくマスター」していただくため,以下のような工夫を施しています。

 ①:大きめの活字で,文章は短く区切る。
 ②:細切れ主義。119の小テーマを設定し,各々を見開き2ページの形で整理。
 ③:重要箇所は赤字にし,フィルムで隠したドリル学習が可能。
 ④:図表を多用。「よむ本」と同時に「みる本」。
 ⑤:各テーマの出題頻度をランクづけ,的を絞った学習もできるように配慮。

 ④は,視覚人間である私のポリシーを前面に出したものです。⑤については,今年から頻出自治体の名前も入れ,「この事項は,この自治体でよく出る」ということも分かるようにしました。

 なお,教職教養では教育時事が大きな位置を占めますが,矢継ぎ早に出される政策をフォローし,最新の重要文書や通知等(懲戒と体罰の区分に関する通知,道徳の教科化,小中一貫校創設…etc)もバッチリ盛り込んでいます。


 あと一冊,本書と併用していただくための問題集として,『教職教養よく出る過去問224』(2018年度版)も刊行しております。試験でよく出る典型問題を集めたものです。この2冊は,目次構成が対応していますので,併用していただくと効果的です。

 『教職教養らくらくマスター』で要点を押さえた後,『教職教養よく出る過去問224』の典型問題を解く。このサイクルを繰り返すことで,試験を突破するための実戦力が確実に培われます。教員志望のみなさん,この2冊を活用することで,ぜひとも勝利の栄冠を勝ち取っていただきたいと思います。

 *双方とも,実務教育出版のホームページにて,中身の一部をご覧いただけます。下記URLからお入りください。

・らくらくマスター → http://jitsumu.hondana.jp/book/b239607.html
・よく出る過去問224 → http://jitsumu.hondana.jp/book/b253306.html

0 件のコメント:

コメントを投稿