2017年6月10日土曜日

食生活の洋風化

 2016年の総務省『家計調査年報』のデータが公表されました。いろいろな品目の消費支出額が分かるスグレモノです。
http://www.stat.go.jp/data/kakei/2016np/index.htm

 教育学を勉強している人間なら,家計の教育費支出額にまず関心を払うべきでしょうが,食い意地の張った私は「食」の費用に興味がいきます。どういう食材への支出が増えているか(減っているか)。これをみることで,食生活の変化を垣間見ることができます。

 「食」は大まかに和食と洋食に二分されますが,前者の主食は米,後者はパンです。おかずの代表格は,前者が魚,後者が肉でしょう。この4つの品目に,年間どれだけのおカネを使ったか。上記の資料には,世帯単位の年間平均支出額が載っています。単身世帯等も含む,総世帯の数値を拾ってみましょう。

 下のグラフは,2005年と2016年の年間支出額を比較したものです。


 米と魚が減り,パンと肉は増えています。2005年では「米>パン」,「魚>肉」でしたが,2016年では両方とも逆転しています。

 少子高齢化が進んでいますので,若年世帯が増えたためではありません。全年齢層で,和食より洋食にお金をかける傾向が強まっているようです。これは消費支出額で摂取量ではありませんが,食生活の洋風化が進んでいることをうかがわせるデータですね。

 4つの品目への支出額を使って,食の洋風化の度合いを測る指標(measure)を作ってみましょう。洋の2品目(パン+肉)が,4品目全体に占める割合というのはどうでしょう。

 洋風化率=(パン+肉類)/(米+パン+魚介類+肉類)

 先ほどのグラフの年間支出額を使って,食の洋風化率を計算すると,2005年が44.2%,2016年が53.1%となります。増えていますねえ。最近では,洋の比重が半分を超えています。

 食の洋風化のレベルを測る尺度を得ましたが,この値は都道府県別に出すことも可能です。4品目について,各県の県庁所在地の年間平均支出額を知ることができます。下表は,その一覧です。黄色マークは最高値,青色マークは最低値を意味します。


 お米は新潟がマックス。さすがは「米どころ」ですね。驚くのは,魚介類の支出額が最低なのが沖縄であること。四方八方を海で囲まれた県ですが,南国の熱帯魚はあまり食向きではないのでしょうか。

 それはさておき,4つの品目の支出額から洋風化率を出すと,右端のようになります。全国値は53.1%ですが,県別にみると46.0%から59.0%のレインヂがあります。最低は新潟,最高は兵庫です。

 若者が多い都市部で洋風化率が高いかといえば,そうでもありません。首都圏の洋風化率は,九州よりも低いようですので。各県の年齢構成よりも,地域性が効いています。地図にすると分かりますけど,食の洋風化率は大よそ「西高東低」の傾向になっています。

 その様をご覧に入れますが,過去との対比もしたいですね。そこで,2005年と2016年のマップを照合してみましょう。洋風化率45%未満,45%以上50%未満,50%以上という3つの階級を儲け,47都道府県を塗り分けた地図を作りました。


 この10年間の変化は,結構ドラスティックです。2005年の地図は全体的に色が薄く,洋風化率が50%を超えるのは熊本だけでしたが,2016年では多くの県で50%を超えています(濃い赤色)。

 全国的に,食の洋風化が進行していることが知られます。地図の模様から,その傾向は西高東低であることも分かります。現在も「和>洋」なのは,北東北や中部の諸県ですが,これらの県も間もなく濃い色に染まるでしょう。

 食の洋風化が進むと生活習慣病になりやすいとか,いろいろ言われます。その一方で,「実は,和食はヘルシーではなかった」といった説が唱えられたりします。私は振り回されるのが嫌なので,この手の情報はあまり信用しないことにしていますが,バランスのとれた食生活は心がけたいものです。余談ですが,一週間分の食材をまとめて頼む生協の宅配は,それに適していると思います。

 今回は,米・パン・魚・肉の4品目に着目しましたが,生鮮野菜の消費支出額を取り上げるのもいいかも。食費全体に占める比重をとれば,食のヘルシー指数になるでしょう。複数の品目の支出額を因子分析にかけて,47都道府県をタイプ分けするのも面白いですね。「食の生態学」というのも,やってみる価値はアリです。

1 件のコメント:

  1. 確かに沖縄の魚には食べられそうなものが少ないですが、魚食率が少ないのはそればかりでもないと思いますよ。元々沖縄は日本とも言い切れない位置付けで中国や東南アジアからも文化的影響を受けており、昔から養豚が盛んです。それにアメリカに占領されていた頃の影響もあります。その辺りの事情詳しくは仲村清司著「沖縄大衆食堂」をお読みになると良いかと。

    返信削除