2017年1月6日金曜日

都道府県別の未婚男性の結婚チャンス

 40を過ぎたら結婚はなかなか難しくなるでしょうが,私くらいの中年未婚オトコの結婚チャンスには,地域による違いもあるでしょう。

 2015年の厚労省『人口動態統計』によると,同年中に届け出をした40代男性の初婚件数は3万5555件(①)。2015年の『国勢調査』によると,同年10月時点の40代の未婚男性数は,248万2257人(②)。双方とも,日本人のデータです。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/81-1.html
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL02100104.do?tocd=00200521

 よって,この年の40代未婚男性の結婚チャンスは,①/②=1.432%となります。およそ70人に1人。同じやり方で他の年齢層の結婚チャンスを計算すると,10代が0.173%,20代が4.290%,30代が5.556%,50代が0.296%,60以上が0.079%となります。

 2015年の1年間の結婚率ですので,値がすこぶる低いですが,結婚チャンスの指標にはなるでしょう。上記の分子・分母は,都道府県別に得ることができます。下表は,県別・年齢層別の未婚男性の結婚チャンスの一覧表です。


 黄色マークは全県の最高値,青色マークは最低値,赤字は上位5位です。

 30~40代のトップは,東京なんですね。20代の首位は,わが郷里の鹿児島。こういうデータはあまりないと思いますので,地域別の「結婚しやすさ」の指標として,ここに掲載しておこうと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿