2016年9月26日月曜日

官公庁系データはしゃぶり尽くせ!

 本日発売の『プレジデント』誌にて,表記のテーマについて私が答えたインタビュー記事が掲載されています。
http://presidentstore.jp/books/products/detail.php?product_id=2677


 『プレジデント』誌といえば,言わずとも知れたビジネスマン向けの雑誌ですが,読者のビジネスパーソンにとって役立つ「資料術」の特集の一環として,企画されたパートです。


 見開き2ページ(82~83ページ)の記事ですが,思う所を言わせていただきました。ネタ明かしは,ここではしません。コンビニなどにも置かれると思いますので,興味ある方はご覧くださいませ。

 ただ一点だけ。「舞田さんは,高い研究費をもらっているから,ああいうデータやグラフができるんだろう」と言われることがありますが,とんでもない話です。在野の学徒の私は,1円たりともそんなお金はもらっていません。

 タダで使える官庁統計(公表データ,ローデータ)を使わせてもらっているだけです。それでも,このブログで紹介しているような作品はできる。私のような貧乏人でも,こういう作品は作れる。この点は,強調しておきたいと思います。私のマネは,どなたでもできます。

 よしんば,「研究費をあげるよ」と持ち掛けられても,私は断るでしょうね。変にお金を持つようになると,「独自にこういう調査をやってみよう」などという,いらぬ欲が出て,集中力が削がれる恐れがある。

 故・西村滋さんの『お菓子放浪記』の中に,「欠乏という名の贅沢」という言葉が出てきますが,私はそれを享受しています。これからも,このスタイルは崩さないつもりです。

 最後に,本企画を提案いただいた,プレジデント社記者の大塚常好氏に感謝申します。上記記事の文章は,氏の筆になるものです。

 私の言いたいことを,限られたスペースで実に上手くまとめてくださっています。記事にはグラフが3つ載っていますが,「既存統計からこういう作品ができるという,サンプルを示したほうがいい」という,氏の提案に従いました。さすがはプロですねえ。読者目線をよく心得ておられる。

 大塚氏には,プレジデント・オンライン連載でも,担当編集者としてお世話になっています。私のような輩の相手をするのは楽ではないと思いますが,今後ともお付き合いいただければと存じます。

2 件のコメント:

  1. 舞田さんのデータの見せ方はとても勉強になります。早速こちらの本を注文しようと思います。

    返信削除