2016年7月23日土曜日

教員の労働生産性?の国際比較

 日本は経済大国といわれますが,その由来は,GDP(国内総生産)が多いことです。最近では,世界第3位でしたっけね。

 しかし,就業者数や労働時間数で除した「労働生産性」という点でみると,あまり芳しくはありません。国際的にみて,中の下あたりです。就業者が多く,長く働いているから当然だろうと。
https://twitter.com/tmaita77/status/756340387443200000

 これを,教員に当てはめてみるとどうでしょう。日本の教員は世界的にみて長時間働いていますが,それに見合うアウトプットが出ているか。そのアウトプットの指標としてよく使われるのは,子どもの学力です。教育の使命は,社会生活に必要な学力をつけさせることですから,こういう見方もあながち間違いではありますまい。

 国際学力調査では,日本の生徒の平均点は常に上位にありますが,教員の授業時間を勘案するとどうか。

 私は,一つの試算をしてみました。各国の生徒の数学平均点を,教員の平均授業時間で除してみました。前者は,「PISA 2012」で明らかにされている,15歳生徒の数学的リテラシーの平均点です。後者は,「TALIS 2013」による,中学校教員の週間の平均授業時間(h)です。自宅等での授業準備も含みます。

 日本は,平均授業時間が26.4h,数学平均点が536点ですから,上記の意味での労働生産性?スコアは20.31となります。この値を,国ごとに比べようというわけです。

 下表は,両者が分かる34か国のデータの一覧です。


 日本のスコア(20.31)は,34か国の中では8位となっています。数学の平均点そのものは,シンガポールと韓国に次いで3位ですが,授業に費やしている時間を勘案すると,順位がやや落ちます。

 トップはオランダですね。短い授業時間で,高いアウトプットを出している。

 上表のデータをグラフにしましょう。割り算の結果だけでなく,それを出すのに使った分子・分母の値も表現します。横軸に授業時間,縦軸に平均点をとった座標上に34か国を配置し,座標上の位置に依拠して,スコアの値を読み取る図にしてみました。


 日本は20.31ですので,20~22のゾーンにあります。オランダ,ノルウェー,シンガポールの上位3位は,22を超えている。

 日韓,英仏,北米,そして南米になるにつれ,生産性のスコアは下がってきますが,近隣に位置している社会の地理的ロケーションが近いことも興味深い。

 日本のパフォーマンスはそこそこです。教員がもっと授業に集中できる環境を整えれば,授業の密度も濃くなり,さらなる飛躍も望めるのではないでしょうか。事務作業や部活指導など,それを妨げる条件を取っ払うことです。このたび現場に導入されることになった「チーム学校」という外部人材組織は,そのための方策に他なりません。

 今回の試算は,某小学校の先生のツイッターから着眼を得たものです。記して,感謝を申します。
https://twitter.com/highfatmilk15/status/756733892464291845

1 件のコメント:

  1. 初めまして。高校で非常勤講師を掛け持ちしている者です。新しい検証はまだかまだかと、いつも楽しみにしています。
    さて、本日「果たして教員全てが忙しいのか」という疑問を持ったためコメントさせて頂きました。
    確かに長時間拘束される主に体育会系の部活を受け持たれている教員は忙しいでしょう。
    しかし、それは一部の教員だけで、実際は分担さえしっかりできれば、メディアなどで伝えられている程の仕事量ではないと思います。
    さらに常々思っていた事を申し上げれば、(主要または受験)教科別に考えた場合、大学への推薦入試に関わる各種検定の対策もない社会科教員は、他教科の教員よりも授業準備の負担が圧倒的に少ないと思います。
    自分で検証もせず疑問を放り投げているだけで大変恥ずかしいのですが、いつか教員の忙しさについて、さらに掘り下げて検証してくださればと願っています。

    返信削除