2016年3月11日金曜日

家事・家族ケア時間の格差

 先般のニューズウィーク記事にて,日本の子持ち男性の家事・育児分担率が,世界最下位であることを知りました。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/03/post-4607.php

 日本の男性の週間平均時間は12.0時間,女性は53.7時間ですから,男性の分担率は,12.0/65.7=18.3%となる次第です。しかし,週平均時間が12時間というのも,いかにも短い。1日2時間未満です。それに対し,アメリカは週平均38時間。この大国では,男性も1日5時間以上,家事ないしは家族ケアをしているわけです。

 これは全体を均した平均値ですが,日本の男性の分布をみると「おや?」という感じがします。分散が大きいことです。ISSPの『家族と性役割に関する調査』(2012年)にて,週間の家事・家族ケア時間が判明する,子持ちの有配偶男性は125人ですが,ゼロから94時間と,非常に幅広く分布しています。

 大雑把なカテゴリー区分でみても,週5時間未満が35.2%いるのに対し,週20時間以上も17.6%と,そこそこいます。欧米では,平均近辺の層が厚い,ノーマル分布のような印象です。

 むむう。日本は,男性の家事・家族ケア時間が短いことに加え,する者としない者の分化(格差)が大きいのではないか。こんな予感がしてきました。数値で,そのレベルを可視化してみましょう。

 下表は,18歳未満の子がいる,有配偶男性125人の週間家事・家族ケア時間(h)の分布です。上記のISSP調査のローデータより作成しました。
http://www.issp.org/page.php?pageId=4


 125人のうち最も多いのは,週2時間です(15人)。時間量は,時間に人数を乗じた数値です。

 人数と時間量の分布は,かなりズレています。週30時間以上するカジメンは,人数の上では8.8%しかいませんが,時間量では全体の36.0%をも占めています(黄色マーク)。逆に週5時間未満の層は,人数では35.2%もいますが,時間量ではたった5.6%しか占めません。

 両者のズレの大きさは,右端の累積相対度数をグラフにすることで,「見える化」されます。横軸に人数,縦軸に時間量の累積相対度数をとったマトリクスに,35の時間区分のドットを配置し,線でつなぐと,下図のようになります。


 曲線の底の深さによって,家事・家族ケアの格差の度合いが測られます。色付きの面積を2倍して,それを表すジニ係数を計算すると,0.549となります。一般にジニ係数は,0.4を超えると絶対水準として大きいと判断されますので,日本の男性の家事・家族ケア時間の分化,する者としない者の格差は大きい,ということになります。

 他国と比べた相対評価もしてみましょう。同じやり方で,日本を含む33か国の男性の家事・家族ケア時間ジニ係数を計算しました。調査の対象は38か国ですが,分析対象となる男性サンプルが少ない国は,除外しています。


 上図のランキングによると,日本は台湾に次いで2位です。3位は韓国。東アジアでは,男性の家事・家族ケア時間格差が相対的に大きくなっています。

 平均時間の絶対量と併せると,これら3国は,平均時間が短いと同時に,する者としない者の格差が大きい,という問題も提起されます(下図)。


 日本のサンプルは125人しかいませんが,家事をする者としない者を分かつ要因は何か。適当なラインを設けて,する群としない群に分け,予想される要因変数とのクロス集計をすれば,ある程度の解は得られるでしょう。

 仕事時間,妻が正社員であるか否か,三世代同居か,といった基本条件に加えて,どういう教育を受けたか(学歴)などとの関連も気になるところ。家事・育児格差も,子細な分析のメスが入れられるべき現象の一つです。

1 件のコメント:

  1. いつも興味深く読ませていただいています。
    このデータは男性の自己申告の時間ですよね?
    女性側の申告となると結果が大きく変わってきそうな気がします。
    妻からエセイクメンと言われ、自分が担当している部分が
    ”家事・育児”としてカウントして良いものかわからなくなっている人間からの意見でした。

    返信削除