2014年2月7日金曜日

結婚の希望と現実

 結婚相手を探しておられる女性のみなさん,現代ニッポンの未婚男性の年収は下図のごとし。昨日,ツイッターで発信した図では無業者を加えませんでしたが,ここではそれを加味した図にしています。資料は,2012年の総務省『就業構造基本調査』です。
http://www.stat.go.jp/data/shugyou/2012/index.htm


 パッと見で「こんなに低いの?」という印象を持たれたことでしょう。電車のつり広告で「20代女性が結婚相手に求める年収は600万」というフレーズをみたことがありますが,600万以上の者は,20代の未婚男性では0.7%しかおらず,30代でもわずか5.7%です。

 現実に多いのは低収入層であり,私の年齢層の30代後半でも,半分が300万未満で,3分の1が200万未満のワープアです。

 30代に焦点を当てて,未婚女性が結婚相手に最低限求める年収と,未婚男性の年収(上図)を照合してみましょう。前者は,明治安田生活福祉研究所の『結婚・出産に関する調査』(2013年)から知ることができます。
http://www.myilw.co.jp/life/enquete/07_marriage.html


 両者の間には,少なからぬズレがみられます。最低でも400万を望む女性は全体の65.8%いますが,この基準を満たす男性は26.2%しかいません。男性の側からすると,半分ちょっとが年収300万未満ですが,これでよしとしする女性はたったの1割なり。

 言葉が不適切かもしれませんが,これが結婚市場の現実です。上記の図をツイッターに載せたところ,「男性だけに稼ぎを期待するのは間違いだ」「共働きすれば何とかなる」「夫婦協力して稼げばいい」という意見が多数ありました。

 まったくもって,その通りだと思います。男性の腕一本で一家を養えるような時代は終わっています。時代は変わっているのです。しかし,当事者の意識は旧態依然のまま。このギャップに,未婚化の進行の一因をみてとれるでしょう。その克服には,女性の社会進出を促す条件の整備,男女の給与差の是正が必要であることは言うまでもありません。

2 件のコメント:

  1. あなたが思っている様に、お金で全てを解決使用とする人が多すぎるのが、本当の原因です。

    人々の生活力はここ百年間で最悪です。その上、情弱すぎます。お金の使い方も生き方も知らない人ばかりなんですよ。高学歴な人が多いくせにね。

    このグラフって「年収」での計算ですよね?年収高い人がどんだけ税金で持ってかれてるか計算してくださいよ。むしろ政府は所得下げようとして税金設定してますよ。

    本来行うべき教育を行う為のインフラが全く整っていないんです。この話は明治時代に福沢諭吉が『学問のすすめ』で明らかにしています。(だから10000円)

    ・進学率の年次推移
    ・エンゲル係数の年次推移
    ・年齢層別貯蓄額の年次推移
    ・名目GDPと実質GDPの推移

    それぞれ見てみてください。日本国民はカネの使い方がキモい。質素じゃない。虚栄心が強すぎる。中二病過ぎる。

    政策の話をするなら、経済学だけでは絶対に語れません。シムシティじゃないんです。人々がどれだけ無駄遣いをしているか知っていますか?他にも、不動産業界のこと、建築業界のこと、教育業界のこと、保育業界のこと、子育てのこと、家事のこと、ローンのこと、税金のこと、年金のこと、地域社会のこと、農業のこと、歴史、文化、世の中の動き・・・・・など、いろんなことを勉強しないと本当の問題点は見えてきませんよ。

    勉強することをお勧めするのは、特に住宅業界、教育業界、地域社会、税金、ローン、この辺りです。この記事で語られている内容に、これらは絶対に必要です。一般家庭が一番お金をかけるのは住宅、その次に教育費です。

    そして、解決策として必要なのは以下。

    ☆各地方自治体が協力して、人々の間で資産の引き継ぎを円滑に行う為のネットワークを作ること。また、空き家を保育所や学童、公共住宅として利用し、地方に若者や留学生、ホームレス、生活保護受給者、などを引き入れるなどの工夫をする。(ぜんぜん行われていない)

    ☆生活力を身につけさせる為の教育インフラを構築。人々はカネに依存し、頭や手足、コミュニケーションを使いません。そのため、地域経済は衰退していき、人々の生活にはお金がかかる様になります。また、国の予算は圧迫され、増税へ繋がります。これを解決する為の学校を作るか、インターネットにフリーの情報インフラを構築(あなたの様に)。

    ☆マスメディアの利用。人々が生活にお金をかけ過ぎていること、自分たちで工夫して生きていけば、地域社会が発達し、地域経済が発達する・・・と言った事実をNHKなどで放送。

    とりあえずここまでにしておきます。それぞれの理由は語りきれません。勉強してみてください。

    あなたの様に情報発信している人のことをすばらしく思います。なのであえて言いますが、あなたが政策について語るのは早過ぎます。その分、伸び白も半端無いはずです。

    色々勉強してみてください。文部科学省、厚生労働省、統計局、各独立行政法人。みんなクソだなって思うはずです(気持ちとして)。みんな的を外しすぎてますから。それから、脳の中で色んな情報が繋がって来て、本当の日本の姿が見えてきます。そうなれば、とても面白くなってくるはずです。


    返信削除

  2. デフレをおこし生活保護審査厳しくすれば
    国民は不安から貯蓄する、

    貯蓄から国債を銀行に買わせる、  
    つまり国民から政府は金を借りている

    金を返さずにすむには国民がいなくなればよい
    そこで少子化政策をとる、

    返信削除