2013年5月28日火曜日

国民のイライラ化・自己愛化?

 1990年代以降,日本社会に暗雲が立ち込めてきたといわれます。この期間中に自殺者が激増したことは広く知られていますが,外向的な逸脱である犯罪の量はどう変わったのでしょう。

 警察庁の『犯罪統計書』によると,1990年の刑法犯検挙人員(交通業過除く)は29.3万人ほどでしたが,20年を経た2011年では30.5万人となっています。微増というところです。
http://www.npa.go.jp/toukei/index.htm

 罪種別にみても傾向はほぼ同じですが,今世紀以降,数が大幅に増えている罪種が一つあります。それは暴行です。人をぶん殴るとかですが,相手に怪我をさせるには至らなかったものです。怪我をさせた場合は傷害として計上されます。

 暴行を働いて御用となった者は,1990年では8,058人でした。この値を1.0とした指数値の推移をみてみましょう。比較対象として,刑法犯全体のカーブも添えています。


 刑法犯全体のカーブはほぼフラットです。暴行のそれは,1990年代は右下がりでしたが,今世紀になってから急に右上がりに転じています。2011年の指数値は2.7です。この20年間で,暴行の検挙人員は3倍近くにも増えました。

 みんなイライラしていて,些細なきっかけで他人をぶん殴る・・・。駅員が客に殴られる事件も多いそうな。ちなみに,加害者と被害者が面識なしの暴行事件も増えています。
https://twitter.com/tmaita77/status/337903588921704448

 次に,年齢層別の傾向をみてみましょう。私は,1990年以降の暴行検挙人員数を年齢層別に明らかにし,上図と同じ指数値カーブを描きました。各層の人口変化も考慮するため,人口の指数値カーブも添えています。人口統計の出所は,総務省『人口推計年報』です。


 予想に反してといいますか,少年の暴行検挙人員は減っています。イライラを募らせアグレッシブになっているのは大人たちです。

 カッコ内は最新の2011年の指数値ですが,暴行検挙人員は30代は4倍,50代は5倍,60歳以上の高齢者に至っては40倍近くにまで膨れ上がっていることが知られます。巷でいわれる「暴走老人」,さもありなん。今の60歳くらいって,学生運動の全盛世代ではないかな。

 とはいえ,暴行を働く確率という点では,エネルギーみなぎる若年層のほうが高いことでしょう。最後に,検挙人員数を人口で除した出現率を出してみましょう。私が属する30代でいうと,2011年の暴行検挙人員は4,897人,ベースの人口は1,781万人ほどですから,10万人あたりの出現率は27.5ということになります。

 この出現率を年齢層ごとに出し,各々をつないだ年齢曲線をつくりました。下図には,1990年,2000年,および2011年の曲線が描かれています。


 世紀の変わり目までは,低年齢層ほど率が高い「右下がり」の型でしたが,2011年では,30代をピークとした「山型」になっています。人を殴るような粗暴行為を働くのは,以前は自我が未熟な子どもでした。ところが今では,働き盛りの大人がそういうことをしでかすようになっています。
 
 働き盛りの層にイライラが蔓延しているというのは,分かる気がします。今の職域は問題だらけですしね。それに世代論的にいえば,今の30代,いみじくも私の世代は,学校卒業時に超就職氷河期を経験したロスジェネです。非正規雇用に留置かれている者も多いことでしょう。上の曲線は,そした生活条件の表れとも読めます。

 あと一点,申したいことがあります。自己愛の人間が増えていることとの関連可能性です。自己愛性人格障害という病がありますが,この手の人は,批判されたり注意されたりするとすぐに逆ギレします。

 大手マスコミの記者や大企業の重役が駅員に暴行を働いた,という事件が報じられることがあります。注意されて腹が立った,両替を断られて逆上した・・・。こういう報道に接するたびに,自己愛なんじゃ・・・という感想を持つのです。

 現代は「人格障害の時代」ともいわれます(岡田尊司氏)。今回の統計は,こうした時代の病理を反映したものといえるかもしれません。私の個人的な印象ですが。

4 件のコメント:

  1. 2000年以降の急増の背景はこんな感じだと思います。

    http://web.archive.org/web/20040217001719/http://www.mainichi.co.jp/eye/kishanome/200202/22.html

    返信削除
  2. 1999年の派遣業種拡大を機に飛躍的に増えてます。
    2006年の改正から一部減った感があります。http://goo.gl/fic6C

    返信削除
  3. 倍率で示すようにした理由はどうしてでしょう?
    10年前、20年前で、年齢別の人口が変わっている筈です。そういった要素を無視して倍率で示すのは危険かと思います。1万人あたりの人数などで示した方が、割合がはっきりして良いと思いますが。
    僕も意見には賛同できるところはあるのですが、根拠としてイジり倒したデータを出すのはどうかと思います。エッセイとするなら尚のこと。

    返信削除
  4. 図から思ったのは

    上の世代の暴力性を反面教師とするから、下の世代に行くほどに暴力性が下がってるのか。
    下の世代ほど暴力やらない世代として、周囲に暴力をやらないからこそ
    痛みを知らないで生きてしまう人が多そうで、痛みに無頓着になって自殺とか、猟奇的な凶悪犯罪とかが増えてしまうのではないか。

    そうではなく、そもそも人は年を重ねると、人生経験論が増えてしまって頭が固く傲慢さ(暴力性)が増しやすい傾向があるのか。

    モンスターペアレントの増加により、学校側が暴力事件そのものを積極的に内部でもみ消そうとしてる動きか。

    返信削除