2013年1月3日木曜日

自殺統計の2つの見方

 晴天の正月ですが,いかがお過ごしでしょうか。私は箱根駅伝に見入っていますが,タスキをかけて疾走する青年の姿って,いいですね。仕向け方次第で,青年は「輝く」存在なんだと思います。

 さて,本ブログも始動といきましょう。年明け早々物騒ですが,自殺統計のお話です。厚労省の『人口動態統計』から,毎年の自殺者数を知ることができます。この数を人口で除した値が,いわゆる自殺率です。自殺者が出る確率を表すものであり,人々の「生きづらさ」の量を測る代表的な指標として使われます。

 ところで,もう一つの見方を立てることができます。全死因の中で自殺がどれほどを占めるかです。人が命を落とす原因がさまざまですが,そうした要因群の中で,自殺がどれほど幅を利かせているか,ということです。

 自殺率が絶対量なら,こちらは相対量ということができましょう。このような観点を据えることで,通説とは違った側面が明らかになるかもしれません。

 言葉だけではピンとこないでしょうから,具体的なデータを交えてお話しましょう。下表をみてください。人口は,2010年の『国勢調査』から分かる,同年10月1日時点のものです。bとcは2010年間の死亡者数と自殺者数であり,ソースは厚労省『人口動態統計』です。


 自殺者数を人口で除した自殺率,すなわち自殺者が出る確率は,高齢者のほうが高くなっています。55歳のお父さん世代では,リストラを苦にした自殺も少なくないことでしょう。しかし,全死亡者に占める自殺者数,つまり死因全体中の自殺比という点でいうと,こちらは若者が圧倒的に高いのです。22歳では,全死因の54.9%が自殺で占められています。

 この2つの測度を他の年齢についても出し,線でつないだグラフをつくりました。下図がそれです。


 自殺率は中高年層や高齢層で高くなっています。この点はよく知られているところです。リストラ等の勤務問題,老後の生きがい喪失・虚脱感などによるものでしょう。

 しかるに,死因中の自殺比という点でいうと,こちらは明らかに若年層で高い傾向です。ピークは,先ほど出した22歳の54.9%です。

 22歳といえば,ちょうど大学を卒業する年齢です。近年,就職失敗による大学生の自殺が社会問題化していますが,死因中の自殺比のピークがこの年齢にあるというのは,何とも象徴的である感じがします。

 若者の死因の半分が自殺。こういう社会は,日本だけなのではないでしょうか。新卒採用至上主義という,奇妙な慣行もはびこっていますし・・・。

 今後は,当局の白書にてこの指標にも注意を払っていただき,世間一般の人々の状況認識に与していただきたいと思います。なお,最近の22歳の危機については,昨年の5月21日の記事も併せてご覧いただけますと幸いです。

1 件のコメント:

  1. >若者の死因の半分が自殺。こういう社会は,日本だけなので
    はないでしょうか。

    http://www.who.int/whosis/mort/download/en/
    (24 November 2011 update)
    から以前OECD+ロシアのデータを取り出した数字を見たところ韓国もですね。

    念の為に言っておけば、自殺比(死因の構成比)や死因順位の大小だけで比較するとしたらおかしな比較になると思います。(自殺比が低ければ全死因死亡率や自殺死亡率の大きさそのものは気にしないのかという話。)これは例えば日本とアメリカ、ロシアを比較すると実感できると思います。

    Japan2009男age20-24
    全死因死亡率(/10万人)59.5
    不慮の事故死亡率(/10万人)13.1
    自殺死亡率(/10万人)29.9
    他殺死亡率(/10万人)0.2
    自殺比(自殺/全死因)0.5025

    United States of America2007男age20-24
    全死因死亡率(/10万人)143.9
    不慮の事故死亡率(/10万人)66.8
    自殺死亡率(/10万人)20.6
    他殺死亡率(/10万人)26.3
    自殺比(自殺/全死因)0.1432


    Russian Federation2009男age20-24
    全死因死亡率(/10万人)265.6
    不慮の事故死亡率(/10万人)NA
    自殺死亡率(/10万人)51.7
    他殺死亡率(/10万人)19
    自殺比(自殺/全死因)0.1947

    なお、先進諸国の若年では病死が減るので自殺比は相対的に増えます。麻薬の使用が多い国では自殺並に薬物過剰摂取の不慮の事故死が多かったり(アメリカやフィンランド)。アメリカやロシアは他殺が多かったりもします。

    他に↓のTable 7.を見ると自殺死亡率の大小で比べるべきなのか変化率の大小で比べるべきなのかだんだんわからなくなってくるのではないでしょうか。
    http://www.health.gov.au/internet/main/publishing.nsf/content/1D2B4E895BCD429ECA2572290027094D/$File/intsui.pdf

    返信削除