2012年11月22日木曜日

餓死者数の長期推移

 11月15日の記事では,近年になって餓死者が増えていることをみました。飽食といわれる現代日本での現象であるだけに,注目されるべきことです。

 上記記事では,1997年以降の推移をたどったのですが,今回はもっと遡って,戦後初期の頃からの変化を跡づけてみます。ソースは,厚労省の『人口動態統計』です,今日,総務省統計局の図書館に出向いたので,本資料のバックナンバーにあたって,数字を採取してきました。

 ここでいう餓死者とは,以下の死因による死亡者のことをいいます。

 1950年~1994年 ・・・ 「栄養欠乏」+「飢え,渇,不良環境への放置」
 1995年以降 ・・・ 「栄養欠乏」+「栄養失調」+「食料の不足」

 1994年までの「栄養欠乏」の中には,栄養失調も含まれます。95年以降は,栄養欠乏と栄養失調のカテゴリーが分かれているので,整合性を持たせるため,両者を合算しました。11月15日の記事では,「栄養失調」と「食料の不足」を足した数を餓死者としましたが,今回の分析では,栄養欠乏も加えています。ゆえに,先の記事とは数が異なることに留意ください。

 上記の意味での餓死者数は,1950年から2011年の約60年間において,下図のように推移してきています。


 食べ物にも事欠いていた戦後初期の頃では,餓死者が多かったようです。1950年(昭和25年)では,9,119人。しかし,社会が安定するとともに餓死者数はぐんぐん減り,10年後の1960年には1,362人にまで減少します。

 高度経済成長期が終わる頃の1970年には622人となり,以後,70年代から80年代にかけては大よそ500人前後で推移します。

 陰りが見え始めるのは,1990年代以降です。この時期から餓死者数は増加に転じ,阪神大震災が起きた1995年には1,000人を超えます。今世紀初頭の2001年には1,500人を超え,それから10年を経た2011年現在では2,053人となっています。とうとう2,000人突破です。

 現在の餓死者数は,1950年代後半の頃の水準に立ち戻っています。90年代以降の不況や孤族化の影響がまざまざと表れています。

 最近10年間のトレンドでいうと,餓死者の年間平均増加数は50人ほどです。今後もこの傾向が続くとすると,今から20年後の2030年あたりには,餓死者数は3,000人を超えることが見込まれます。これは,1954年の数と同じくらいです。

 餓死者数の恐怖のU字カーブが描かれることになるのか。加速度的に進む高齢化・孤族化,そして生活保護制度の抜本見直しなど,そうした事態が実現することの条件が多く出てきています。生活保護の不正受給はけしからぬことですが,生存権を保障するための最後のセーフティネットを根こそぎ破壊することがあってはなりません。

 雨宮処凛さんの『14歳からわかる生活保護』(河出書房新社,2012年)を,図書館から借りてきました。こういう本を読んで,知的武装を図ることも大切かと。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309616766/

9 件のコメント:

  1. すいません。このサイトの餓死者の推移の表は間違いです。餓死者を「栄養欠乏」+「栄養失調」+「食料の不足」としている点がおかしいです。栄養失調症は病気のほうですので、いわゆる食料がなくて餓死される人のうちには入りません。厚生労働省の人口動態保険社会統計課の小石川さんという人に聞きました。話の記録です。途中からですが→私(餓死者の人数に栄養欠乏や栄養失調を含めるのは誤り?)小石川(というか栄養失調症ですと、病気のほうですのでいわゆる食料がなくて餓死される方には入らないということです) 厚生労働省 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)

    返信削除
    返信
    1. 合算されている理由はちゃんと示されています。「間違いです」と断言するのは間違いです。

      削除
    2. > 合算されている理由はちゃんと示されています
      示されている出典をおねがいします。

      栄養欠乏、栄養失調、食料の不足のそれぞれについて、推移を示すことはできますでしょうか?
      恐らく違う傾向が見えることと思います。このブログでそれを示す義務はあなたにはありませんが、あなたのデータを補強できると思いますよ。

      削除
    3. 田井中正太郎さんの指摘で合っています。
      餓死はICD-10のT73.0。
      E40-46は消化器系のがんが重くなったり認知症が進んで栄養が取れなくなったのをカウントしています。

      http://www.ons.gov.uk/ons/about-ons/business-transparency/freedom-of-information/what-can-i-request/previous-foi-requests/health-and-social-care/deaths-from-malnutrition-in-nhs-hospitals-since-2010/index.html

      "There are a wide range of conditions that are coded as malnutrition under ICD 10 rules. Those who die with the condition are usually already very ill. For example, someone with malnutrition may have cancer of the digestive tract, which means they cannot absorb nutrients; they may have suffered from a stroke or have advanced dementia which can cause difficulties chewing and swallowing; or they may abuse alcohol and so not eat properly. In these cases, malnutrition will be recorded on the death certificate as a condition that has contributed to the death, but it will not be the underlying cause.

      Malnutrition may be recorded as the underlying cause of death, but this is a rare occurrence. The ‘effects of hunger’ is never recorded as the underlying cause of death, because it is defined by the International Classification of Diseases as a ‘secondary cause’ only.

      Therefore two sets of figures have been provided: the first showing deaths where one of these conditions was the underlying cause of death: ICD 10 codes E40-E46 (malnutrition), and the second where the condition was mentioned anywhere on the death certificate, either as the underlying cause or as a contributory factor: ICD 10 codes E40-E46 (malnutrition) or T73.0 (Effects of hunger).
      Figures for underlying cause and any mention should not be combined to produce an overall total, as data showing any mention already includes the underlying cause data."

      削除
  2. この表ではっきりするのはコイズミ改革で餓死者はうなぎのぼりになったということだ!小泉竹中がやめて少し減少したが直ぐに上昇している。民主党になってもその傾向は変わらなかった。無策だった。
    つくづく民主党は馬鹿者ばかりだった。刑務所に入れて二度とシャバの空気を吸わせないことが日本のためだ。赤絨毯の上に今もいることは世界に対する犯罪だ。自民党はそのきっかけを作り上昇させた同様に存在することが犯罪だ。小泉竹中の犯罪を暴くことが必要だ。民主党の裁きも終わっていない。

    返信削除
  3. 普通に摂食障害で28キロ切っているひとが死んだのも福祉のせいですか?

    返信削除
  4. 上記発言に関連した事だが、拒食症患者の死亡率はかなり高い。

    返信削除
  5. そんなに高ければ報道されないとおかしい。
    隠して誰得?

    返信削除
  6. いわゆる餓死とは、「食料の欠乏」によるもののみを統計するべきではないでしょうか。
    病気による栄養失調は、生活保護とかはあまり関係ないように思います。
    ちなみに2011年の食料の欠乏による死者は、45人だそうです。
    2053人という人数とは、あまりにもかけ離れているので、ここはしっかり分けておかないといけないと思いますよ。

    返信削除